このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

あなたのご支援が
あの子の笑顔を
地域のみらいを
つくります。

私たちは都道府県の枠を越えて
地域の学校に入学する
「地域みらい留学」を通して、
若者の生きる力の育成と
地域課題の解決に取り組んでいます。

私たちと一緒に、魅力的で
持続可能な
地域・社会を
つくりませんか?

日本は「若者が希望を持てない国」

ご存知ですか?

「自分の力では社会を変えることはできない…」
このように考える子どもの割合が諸外国に比べてとても多いということを。

内閣府の「子ども・若者白書(平成26年)」によると日本の子どもの70%は「社会を変えられない」と感じています。
同様に「自分の将来に希望を持っているか」「40歳になったときに幸せになっていると思うか」といった将来に関する質問についても諸外国と比べ低い結果となってしまっています。
なぜ若者が希望を持ちにくいのでしょうか。
その背景には、日本の若者を取り巻く環境や日本社会の将来の課題の多さが挙げられます。

少子高齢化による地域社会の衰退

  • 全国で毎年500の学校が廃校に
  • 20年後には東京でも3人に1人が高齢者に
  • 40年後の子どもの数は現在の3分の1に
  • 20年後には東京でも3人に1人が高齢者に
▼▼▼
課題が多く衰退していく社会の中で過ごす大人たちの顔を若者たちは敏感に感じています。
東京都から広島県に留学した細川さんは東京で働く大人をみて不安に感じていたといいます。

しかし、課題の多い時代だからこそ、
私たちは教育と若者が持つ力を信じています。
私たち地域・教育魅力化プラットフォームは、地域みらい留学を始めとする教育魅力化の取り組みを通じて持続可能な地域・社会をつくる「意志ある若者」を増やすことでこの課題の解決に取り組む団体です。

「地域の教育変革」が「若者と社会の未来」を変える

高齢化が進展し、学校や商店街、田んぼなど昔からの地域の姿がどんどんと失われつつある…。

衰退する過疎地域では、たとえ地元が好きだとしても、仕事を求めて生まれ育った街を離れざるを得ない・地元に戻れない若者も多くいます。
しかし、実は日本の地域には魅力的な学びの要素がたくさんあります。
  • 都会にはない、本物の自然や文化に触れられる
  • 学校の友だちだけでなく、地域の人との世代を越えた交流
  • 社会課題に直接向き合い、自分の力で社会を変えていく経験
  • 学校の友だちだけでなく、地域の人との世代を越えた交流
地域で充実した学びを得ることで、地域社会の未来に意志ある若者たちが続々と育ち、地域の未来を変え、そしてその熱が日本社会全体に広がっていく…。

そんな未来の姿を信じて、私たちは「教育魅力化」の事業に取り組んでいます。

日本の地域を舞台とした「教育魅力化」の取り組み

【地域みらい留学】多様な価値観と文化の混ざり合いによる成長

地域みらい留学は、都道府県の枠を越えて、地域の学校に入学し、充実した高校3年間をおくる留学支援の事業です。都会では得難い体験と学びを求める生徒と、地域の高校との出会いを生み、多様性のある学びの場を創ります。都市から留学する生徒が地域の人や環境の中で様々な挑戦を通じて成長すると同時に、地元の高校生にとっても新たな価値観や文化に触れる機会となります。

【プロジェクト学習の推進】地域課題に向き合い生きる力を育む

社会課題の先進地である地域の本物の課題に対して高校生が地域内外の大人とも協働し主体的に挑戦する学びである「マイプロジェクト学習」の推進事業。プロジェクト学習では、どんな成果をあげられるかではなく、「そこに至るまでのプロセス」に重点を置いています。"一歩踏み出して失敗し、周囲に支えられながら次の一歩を踏み出す"という人生の縮図体験を、社会の中で実感しながら学ぶ機会が、多くの地域で創られてきました。興味・関心や価値観など、自分自身について知るところから始まり、課題の設定・情報収集・整理・分析を経て、実践と振り返りを繰り返すことで学びを深める、という探究的な姿勢を自ら養っていく若者を応援します。

地域みらい留学を経験した高校生の声

自分を変えたい人にも、
将来の夢が見つからない人にも。

広島県/大崎海星高校 細川 真住さん(東京都出身)
来てよかったと思うのは、魅力的な大人の人が多いこと。満員電車で疲れている人ばかり見てしまうと、私も将来どうなるだろうって心配になることもありましたが、ここでは日々楽しそうに活動している人がたくさんいる。そんな人たちから話を聞く機会も多いので、「働くって面白そう」と思うようになりました。将来の夢はまだ模索中。これからもいろんなことにチャレンジしながら、見つけていきたいですね。

人間的に大きく成長させてくれる機会。
将来の選択肢も広がっています。

島根県/津和野高校 鈴木 元太さん(神奈川県出身)
都会にいると機会が少ないですが、こちらでは行政の方や農家の方、Iターンして地域おこしに取り組む方、街の和菓子屋さんなど、いろんな職業の方と話す機会がたくさんあるので、仕事に対するリアリティも持てるようになりました。今は学びたいことがたくさんありすぎて、時間が足りないくらい。将来の選択肢もどんどん広がっています。
地域みらい留学は、留学生だけでなく
地元の若者にも好影響を与えています。
▼▼▼

「島留学」は、
地元出身の僕らも変えていく。

島根県/隠岐島前高校 卒業 沼田 啓佑さん(島根県出身 )
島の僕らにとっては、島外から来た子は主体性を持った大人に見えて、実際に部活や行事でも活躍する子がたくさんいました。雰囲気に圧倒されながらも、「自分たちの地域にある学校なんだから、僕らも頑張ろう!」と刺激を受けることも多かったですね。僕も何かしたいという想いを抱えており、高校3年生の時に生徒会長に立候補しました。ちょうど高校の60周年記念の年だったこともあり、地元はもちろん隠岐諸島の島前三島を巻き込んだ学園祭にしようと企画。生徒会でオープニング動画を制作したほか、地域の人と生徒達で組んだバンド演奏や卒業生による和太鼓の演奏などで、島前の伝統文化や地域との一体感が味わえるイベントも行いました。島外生が島の魅力を発見し、それを島のみんなが自覚する。そんないい循環が生まれていると感じています。
課題の多い地域で魅力的な教育環境を作っていくためには、子どもたちを地域に送るだけでなく、地域とのつなぎ役も必要です。
▼▼▼

社会に開かれた学校づくりを推進する専門人材
【高校魅力化コーディネーターの育成】

コーディネーターの主な役割
  1. 高校と地域社会(行政、企業、NPO等)の協働体制の構築
  2. 地域課題解決型学習の企画など地域社会に開かれたカリキュラムの推進
  3. 公営塾など地域社会での学習環境・学習機会の整備
  4. 留学生の募集受け入れや下宿等の整備など新たな人の流れと多様性ある教育環境の創出
  5. 外部資金・人材の確保や県・国等への提案・折衝など魅力ある高校づくりに向けた社会資源の確保

高校魅力化コーディネーターの声

熱い地元愛が島を動かす

大崎海星高校魅力化推進コーディネーター/取釜宏行さん
地元の大崎海星高校が存続の危機だと知ったのは、一日の終わりに地域の若者と島の将来について話をしていた時でした。島の未来を考えると、いてもたってもいられず、次の日から動き出しました。役場や高校には想いを持った人は多く、その人たちに繋げて、奇跡のようなスピードで魅力化の動きが始まりました。現在は7名のスタッフと越境的なチームを組んで活動中だ。全国からの生徒募集、公営塾の運営支援、組織間の調整等をコーディネーターとしてバックアップしています。コーディネーターの価値は、「魅力化に関わる多様な関係者を繋ぐこと」です。学校・公営塾・行政のどこにも属さず、思いを翻訳して繋げていくことで、関係者の主体性を引き出すことを大切にしています。
お子さんを送り出した保護者の方からもあたたかい言葉をいただいています。
▼▼▼

地域みらい留学生の保護者の声

愛知県から遠く離れた島根県の吉賀高校を希望することを決めた日は、彼が自分の力で人生をやってみようと決めた日でした。あれから二年が経ちました。この二年の間、彼は帰省するたびに、成長した姿を見せてくれました。 彼が、地域みらい留学で、楽しいことも大変なことも、様々たくさん経験し、充実した高校時代を過ごせているのは、安心した生活を支えてくださる先生方や地域の方々がいらっしゃるからです。心から感謝しております。

島根県立吉賀高校 在校生保護者
能美 兼司さん
次男は帰国子女が多く集まる東京の私立高校に合格していました。グローバルかローカルか悩んでいましたが、最後は津和野高校受験を自分で選択しました。彼は私が買った『里山資本主義』を勝手に読んで、勝手に刺激を受け(笑)漠然と地方のまちづくりに関心を持ちました。でも実際の地方はどうなのか分からない。ならば身を置こうと。地方の暮らしを高校で経験し、何を学ぶか明確にしてそれで大学を選びたいと。  この意思決定をした息子を誇りに思います。たまにやりとりする近況報告も楽しいですし、彼がどんな大人になっていくのか、親としても好奇心しかありません。

島根県立津和野高校 保護者
池本 洋一さん

次男は帰国子女が多く集まる東京の私立高校に合格していました。グローバルかローカルか悩んでいましたが、最後は津和野高校受験を自分で選択しました。彼は私が買った『里山資本主義』を勝手に読んで、勝手に刺激を受け(笑)漠然と地方のまちづくりに関心を持ちました。でも実際の地方はどうなのか分からない。ならば身を置こうと。地方の暮らしを高校で経験し、何を学ぶか明確にしてそれで大学を選びたいと。  この意思決定をした息子を誇りに思います。たまにやりとりする近況報告も楽しいですし、彼がどんな大人になっていくのか、親としても好奇心しかありません。

島根県立津和野高校 保護者
池本 洋一さん

充実した高校生活は子どもたちに生きる力を養い、未来を創る「意志ある若者」を育てます。そして子どもたちの意志は周囲の大人にも伝わり、地域に広がっていきます。

私たちと一緒に、魅力的で持続可能な地域・社会をつくりませんか?

10年前に島根県隠岐諸島のたった一つの高校から始まった取り組みでした

若者と地域の”みらい”を育てる事業として全国に広まりつつあります

2016年9月日本財団のソーシャルイノベーター支援制度において、最優秀賞を受賞(応募総数225件)しました。''学校を核とした地域創生''は日本全国様々な地域で必要な取り組みです。また、海外へ日本の課題解決の展開モデルとしても期待されています。(2017年度EDU-Port応援プロジェクトに採択)

日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016で特別ソーシャルイノベーターの最優秀賞を受賞

これまでの成果

廃校危機の高校の再生:生徒数 89名 ▶ 184名
教育魅力化の取り組みが始まった隠岐島前高校は廃校寸前でしたが、教育魅力化の取組後生徒増・学級増となり、全国や海外からの志願者が溢れる高校へと転換しました。これに伴い、地元の子どもたちの地元高校進学率が47%→89%へと倍増し、子どもの地域外流出も止まりました
観光客の増加:観光客数 9,329名 ▶ 12,202名
島根県の隠岐では県外からの生徒を募集する島留学等の取り組みによりUIターン者が増加しました。これにより域の祭や文化が再興・継承されるとともに、地域の基幹産業である観光業も復活。地域課題解決に取り組む大人・若者も増加しています。
専門人材育成:コーディネーター50名▶26都道府県150名
高校を核とした地方創生の実現に向け、学校・地域・社会をつなぎ、地域社会に開かれた魅力ある学校づくりを推進する専門人材魅力化コーディネーターの育成・配置をし、地域課題解決に挑む探究的な学びを後押しし、地域の未来を担う創り手を輩出しています。
専門人材育成:コーディネーター50名▶26都道府県150名
高校を核とした地方創生の実現に向け、学校・地域・社会をつなぎ、地域社会に開かれた魅力ある学校づくりを推進する専門人材魅力化コーディネーターの育成・配置をし、地域課題解決に挑む探究的な学びを後押しし、地域の未来を担う創り手を輩出しています。
地域みらい留学は全国へ:島根県の1校▶26都道府県55校
正解がないこれからの社会を生き抜くために課題解決先進地である日本の地域で、都道府県の枠を超えて高校3年間を過ごすことで、自分の意志で挑戦を続け、自ら未来をつくる力を養う地域みらい留学は全国の学校、地域、親子に受け入れられ広がり、現在では年間350名以上の地域みらい留学生を輩出しています。
プロジェクト学習の推進:全国198校2,700名が参加
地域と連携し、他者と協働しながら主体的に学び探究していく姿勢や、それを促すアクティブ・ラーニングの機会を提供するプロジェクト型学習を推進し、認定NPO法人カタリバと共催した全国大会である全国高校生マイプロアワードにはのべ2,700名の高校生参加。参加高校は39都道府県198高校562プロジェクトまで広がっています。
※隠岐島前高校及び隠岐での成果は弊団体共同代表の岩本 悠が地域・教育魅力化プラットフォームの団体設立前の取り組みによるものです。
※隠岐島前高校及び隠岐での成果は弊団体共同代表の岩本 悠が地域・教育魅力化プラットフォームの団体設立前の取り組みによるものです。

全国への展開、事業の継続のために皆さまからのご寄付が必要です

私たちの団体設立からこれまでの3年間は、日本財団ソーシャルイノベーター最優秀賞としての助成金を原資として全国への普及を進めてまいりました。全国でご一緒いただける地域の方、学校の皆さま、そして地域みらい留学を経験する高校生や保護者の皆さまからの声を受けて、確かな手応えを感じつつあります。

今後も事業を継続し、さらに多くの地域の若者へ届けていくために助成金に頼らない財源基盤を作っていくことが必要です。これからも全国でひとりでも多くの若者の未来を切り開くために、チャンスを与えてください。

いただいたご寄付は以下のような活動に活用します。

30,000円のご寄付で
地域みらい留学生1名分のサポートができます。
50,000円のご寄付で
プロジェクト学習実施1名分のサポートができます。
50,000円のご寄付で
プロジェクト学習実施1名分のサポートができます。

私たちも応援しています!

卒業生や保護者、各界の有志が地域みらい留学の取り組みを応援してくれています。

設立時からの応援者「地域みらい留学応援100人委員会」のみなさま

衆議院議員
小泉 進次郎
(株)New Stories代表
前総務大臣補佐官
太田 直樹
(公益)日本プロサッカーリーグ
(Jリーグ)チェアマン
村井 満
(公益)日本プロサッカーリーグ
(Jリーグ)チェアマン
村井 満

代表挨拶

「高校時代、地域へ留学する」ことが強い意志を育む

右肩上がりの経済成長を続ける社会から、先行きの見えない時代へ。社会は私たちの想像をはるかに超えるスピードで変化しています。そんな時代を生きてゆくこれからの子どもたちには、自分たちの力で未来を切り拓いていこうとする強い意志が求められています。

そのためには、社会への感度が上がる高校時代にどれだけ社会と接する機会を持ち、地域の未来を自分たちの手でつくる原体験を積み上げることができるのかが重要です。 

地域には様々な挑戦を受け入れてくれる環境が存在します。親そして先生以外の大人たちに囲まれて、切磋琢磨する機会も少なくありません。私は1人の親として、島根県海士町で目にした恵まれた教育環境に魅了されました。

何かに挑戦する意志を育み、そして実際に行動する。成功しても失敗しても、そこには喜びや悔しさを感じる瞬間で溢れています。そうした感情をバネにして、再び挑戦する。これこそが生きるということではないでしょうか。

28年間、リクルートで意志ある若者を育むことに全力を投じてきました。そして、これからは地方の教育現場から、1人でも多くの子どもたちに意志を育む機会を届けていきます。

少子高齢化社会、地方から都会への人口流出…取り組まなくてはならない課題は山積みです。ですが、私はこれからの社会を悲観するのではなく、子どもたちが切り拓く未来に希望を抱いています。

地域で育った子どもたちが地域の、日本の未来をつくっていくと信じています。

ご寄付をいただいた方には

  • [お申込み後]お礼状と「委員会メンバーカード(会員証)」をお届けします
  • [年1回]活動報告書をお届けします
  • [年1〜2回]活動報告会や交流会にご招待します
  • [ご希望者に]委員会メンバーとしての名刺とパンフレットを贈呈します
  • [ご希望者に]地域みらい留学WEBサイト上への応援メッセージの掲載
    ※ご参考:現在掲載されている応援メッセージはこちら
  • [年1回]活動報告書をお届けします

日本の若者の未来を一緒に応援する10,000人の仲間を集めています

私たちの活動を応援していただく寄付会員を地域みらい留学応援10,000人委員会と名付けました。

寄付会員の皆さまは一緒に若者の未来へのチャレンジづくりに参加してくださる仲間だと考えています。

若者のチャレンジを応援する大人が増えることそのものが若者と地域のみらいを作っていく確かな一歩です。私たちと一緒にみらい作りに参加してくださることを心からお待ちしております。

地域みらい留学応援10,000人委員会

寄付金額
毎月1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、30,000円など自由にお選びいただけます。また、退会はいつでも可能です
決済方法
クレジットカード(VISA/Master)による毎月自動引き落とし
寄付金使途
「地域みらい留学」を始めとする一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォームの活動全般
問い合わせ先
お問い合わせはこちらの問い合わせフォームよりお願いいたします。
寄付金使途
「地域みらい留学」を始めとする一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォームの活動全般

地域みらい留学応援10,000人委員会スタートキャンペーン!

寄付会員制度「地域みらい留学応援10,000人委員会」のスタートを一緒に盛り上げてくださる最初の100人の方には、通常の特典に加えて私たちの取り組みに関わる2冊の書籍をプレゼントいたします!
【キャンペーン概要】
期間:2019年7月15日〜8月31日
目標人数:200人
対象者:地域みらい留学応援10,000人委員会(1,000円〜/月)の申込み手続きを完了した先着200人(お申込みは本ページの「月1,000円〜寄付で応援する」のボタンからお願いいたします)

よくある質問

Q
活動報告はどのようにしていますか?
A
地域・教育魅力化プラットフォームのウェブサイト、Facebookページの他、活動報告書などでお知らせしています。
Q
領収書は発行してもらえますか?
A
ご希望いただいた方に発行いたします。寄付お申込みフォーム内に領収書発行希望をお聞きする設問がございますので「はい」をご選択ください。ご希望をいただいた方には、毎年1月に前年一年間に弊団体が受領した寄付金の合計額にて発行いたします。
Q
毎月の寄付金額の変更や退会をすることはできますか?
A
いつでも変更及び退会可能です。弊団体事務局までお知らせください。
Q
1回だけの寄付はできますか?
A
はい。毎月のご寄付である「地域みらい留学応援10,000人委員会」による寄付以外にも、1回だけのご寄付もありがたく受け付けております。こちらから受け付けております。
Q
領収書は発行してもらえますか?
A
ご希望いただいた方に発行いたします。寄付お申込みフォーム内に領収書発行希望をお聞きする設問がございますので「はい」をご選択ください。ご希望をいただいた方には、毎年1月に前年一年間に弊団体が受領した寄付金の合計額にて発行いたします。

団体概要

団体名
一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム
所在地
島根県松江市母衣町83番地5 母衣町ビル3階
代表
代表理事 水谷 智之(株式会社リクルートキャリア初代社長)
共同代表 今村 久美(認定NPO法人カタリバ代表)
共同代表 岩本 悠(島根県教育魅力化特命官)
設立
2017年3月
代表
代表理事 水谷 智之(株式会社リクルートキャリア初代社長)
共同代表 今村 久美(認定NPO法人カタリバ代表)
共同代表 岩本 悠(島根県教育魅力化特命官)
島根県松江市母衣町83番地5 母衣町ビル3階
0852-61-8866